注文住宅で知っておきたいこと

注文住宅購入でいかにコストカットするかが重要なポイント

注文住宅購入でいかにコストカットするかが重要なポイント 注文住宅の購入でどれだけコストカットできるか、これは限られる予算の中で満足感を得る意味でも重要なポイントとなるのではないでしょうか。
注文住宅は設計が自由で希望が盛り込みやすい分、簡単に費用が増えて予算オーバーになりがちです。
費用を大きく左右するのはやはり大きさですから、床面積を小さくすることがコストカットに繋がります。
それから部屋を少なめにして間取りを複雑にしないこと、洋室を基本として和室はつくらないことも予算の節約になります。
和室は拘ると材料費が膨れ上がりますから、一般的に洋室よりも高くなるといわれています。
設備は特にキッチンや浴室に拘りたいものですが、グレードの高いものを選ぶとコストアップに直結します。
ここは優先順位を決めて本当に重視したいところに予算を回し、それ以外はグレードを落として予算を抑えるのが正解です。
注文住宅には自分でやることでコストを削減できる部分も多いですから、あれこれ工夫して注文住宅づくりに取り組むことが、予算の節約にもなって楽しめるのではないでしょうか。

注文住宅を安く建てるには郊外を狙うべきと思っていませんか?

注文住宅を安く建てるには郊外を狙うべきと思っていませんか? 注文住宅は自分の希望通りの間取りや設計ができるメリットがありますが、建売住宅よりも高くつくと考えている人が多くいます。
安く建てるには郊外に家を構えて長い時間や電車やバス、自家用車で通勤している人もいます。
しかしこれは間違いで、注文住宅でも建売と同じくらいの値段で建てることも可能です。
注文と言っても種類があって、一から間取りや材質を選択して設計の段階から始まるフルオーダータイプから、あらかじめ間取りや仕様が決まっていて、任意に可能な限り住む人の要望でアレンジできるサブオーダータイプがあります。
サブオーダーは特に凝りを感じない場所はアレンジの必要がなく、やり方によっては建売と変わらない値段で済む場合がありお得です。
一から設計しないので施工期間も短く、メーカーとの打ち合わせもフルオーダーよりも簡単で短く済みます。
あらかじめ主な仕様は決まっていても、自分の要望にアレンジすることもでき、費用も安く家を作ることができます。